相続手続きを延長させる方法


 
・相続手続きの延長は可能なの?
相続が決まってからというのは、意外とドタバタしてしまって、必要な手続きなども忘れてしまうことが多々あります。
特に相続の手続きは煩雑で難しいということもあって、「後で良いか」と先延ばしにしてしまっている方も実は少なくありません。
事実、相続税の申告や納付に関しても、相続が発覚してから10か月と決められているので、そこまで焦る必要自体はないのかもしれません。
ただ、相続放棄する場合は、その期間もグッと短くなり3か月となってしまいます。
被相続人に借金やローンがあって相続放棄したい場合などは、早めに早めに行動しておくことが必要となってくるでしょう。
相続する財産があるにも関わらず相続の手続きをしていないと、最悪の場合は国から脱税や不正を疑われてしまうこともあるので注意が必要となります。
実際に考えると期間はそこまで長くはないということです。
では、延長してもらうことは可能なのでしょうか?
これに関して結論を言うとすると、可能なことは可能だと言えるでしょう。
 
・相続手続きを延長させる方法
相続の手続きを延長したいと思った場合は、家庭裁判所に申し立てることで可能です。
実際に遺言書の確認などは裁判所が行うので、その際に延長も申し立てておくと良いかもしれませんね。
ただ、この延長の申し立てに関してはすべてがすべて受理されるのかと言えば、その限りではないと思っておきましょう。
場合によっては延長が認められないケースもあるので、自分がどのような状況なのかをしっかり理解してもらって、申し立てを受理してもらうことが必要です。
場合によっては数か月~半年ほどの延長が認められるケースもあります。
また、状況によっては1年以上の延長もあると言われています。
もちろん、国では手続きを忘れないように伺い書なども送付しているのですが、それでも気付かずに過ごしている方はいます。
延長の期間が長くなればなるほど、さらに忘れてしまう可能性もあるので、延長したとしても早めに手続きは行っておくべきです。
 
・延長は申し立てた本人のみ
期限の延長で気をつけておきたいのが、延長が適用されるのは申し立てた本人のみという点です。
家族の分も延長させようと思っても、その場合はその他の家族の申し立ても必要となります。
それらの点も理解しておかないと、自分だけが延長されていて、他の家族が期限になってしまうということもあるかもしれません。
相続は遺産分割のトラブルなども多々るため、期限の延長が必要となることもあります。
そうなった時は必要となった人の数だけ申し立てておくようにしましょう。