絶対必要になる戸籍謄本

相続の手続には、いろんな書類が必要になります。
どの書類もなくてはならないものですが、中でも重要な書類が戸籍謄本です。
そこで相続の手続における戸籍謄本の役割や、戸籍謄本の種類についても取り上げます。

戸籍謄本の提出が求められる手続には、相続税の申告・相続登記・預貯金の名義変更などです。
何を相続したかによって手続の方法が大きく変わるので、必ずしも戸籍謄本が必要になる訳ではありません。
でも戸籍謄本は被相続人との関係や、ご自身が相続人であることの絶対的な証拠になります。
「相続の手続には戸籍謄本が必要」と、肝に銘じておいて下さい。

戸籍謄本には、大きく分けて2種類あります。
被相続人本人の戸籍謄本と、相続人の戸籍謄本です。
次に2種類の戸籍謄本について、簡単ではありますが取り上げます。

まずは被相続人本人の戸籍謄本です。
戸籍謄本には被相続人が誰と誰の子供として生まれ、両親だけでなく兄弟についても書かれています。
もちろんいつ誰と結婚し、子供は何人いるかについても記載されています。
しかし時と場合によっては1つだけでなく、複数必要になる場合があります。
戸籍は転籍・法改正がある度に、新しく作られます。
その時に抹消された情報は、戸籍に掲載されません。
被相続人が何処の誰かをハッキリさせるためには、生まれてから今まで作られた戸籍謄本を全て取得しなければいけません。
一部の戸籍謄本だけでは、誰が相続人かが分からなくなるからです。

そしてもう1つ必要になる戸籍謄本が、相続人全員の”今の”戸籍謄本です。
相続人が今も生存していることを証明するためのものになるので、必ず準備しておいて下さい。
ただし被相続人と相続人が同じ戸籍に入っており、被相続人の戸籍謄本に相続人本人の名前が記されていれば、取り寄せなくても構いません。

戸籍謄本は、ありとあらゆる相続の手続で必要になります。
「自分には関係ない」と思い込んでいても、事前に準備だけは進めておいて下さい。