相続の手続を依頼したい専門家

相続の手続は、非常に面倒なものです。
最初から元も子もないようなことを述べるようですが、面倒であるのは紛れもない事実です。
そこで専門家に依頼をして手続を進めたい所ですが、例え専門家でも全て賄ってくれるとは限りません。
もし相続手続を専門家に依頼をするのなら、どういう手続を頼みたいのかをハッキリさせる必要があります。

相続の手続を承る専門家には、司法書士・税理士・弁護士・行政書士の4つの専門家がいます。
相続人調査・財産調査・遺産分割協議書の作成については、誰に頼んでも引き受けてくれるでしょう。
しかし不動産の名義変更手続きに関しては、司法書士のみの承りになります。
大方の手続ならば、司法書士がきっちりカバーしてくれます。
また相続税については、税理士の専売特許です。
代理を立てるのなら弁護士、書類作成ならば行政書士の仕事になります。

ただ相続の手続は、想像しているよりも複雑なものです。
司法書士の肩書があれば、ある程度の手続はしてくれます。
でも本当に相続の手続ができる司法書士は、あまりいません。
他の職業も同様です。
税理士に至っては、相続税申告未体験という人も現にいらっしゃいます。
行政書士に関しては、相続どころか実務経験ですら怪しい人もいます。
実務経験があまりない人に大事な相続の手続を頼めばどうなるか、考えるだけでも恐ろしくなります。
所有している資格で、依頼する専門家を選びがちです。
でも専門家に依頼したからとはいえ、スムーズに手続が進む保証はありません。

不動産の名義変更だけであれば、大方の司法書士事務所は対処してくれます。
でも相続の手続を全てカバーしてほしいのならば、相続手続に実績のある所を選ぶのが1番です。
実績がある所では他の職業とも連携が取れているので、スムーズな手続が可能となります。
ともかく選ぶポイントは、専門家に何の手続を依頼したいかです。
曖昧なままで専門家に依頼してしまうと、後で痛い目に遭ってしまいます。