相続の手続を進める上で、なくてはならないものが戸籍にまつわる書類です。
戸籍がなければ、相続の手続ができないと思ってもらっても構いません。
しかも1つだけでなく、全ての戸籍が必要です。
戸籍謄本はもとより、改製原戸籍も必要です。
では改製原戸籍とはいったいどういうものか、取り上げます。
続きを読む

相続の手続と言っても、色々な種類があります。
何をどう手続すれば良いのかは、何の相続財産があるのかをしっかり把握しなければいけません。
預貯金や株価、そして不動産の有無も要チェックです。
「うちは貧乏だから不動産財産なんてない」と思っている方もいらっしゃるでしょうが、「ない」と思い込んでいる場合に限って、所有しているものです。
続きを読む

面倒な相続の手続は、専門家に任せた方が確実です。
しかしいざ専門家を頼るにしても、誰を頼れば良いのか分かりません。
弁護士や司法書士と、相続を取り扱っている職業は意外と多いのです。
ただ相続に関する書類をまとめたいのならば、行政書士は専門家です。
続きを読む

相続の手続は、非常に面倒なものです。
でも手続が面倒であることは、国も重々承知しています。
そこで2017年に、少しでも相続の手続を簡素化するために、証明書を発行することを発表しました。
所謂「法定相続情報証明制度」です。
おそらく、ニュースで見聞きしたことがある人も多いでしょう。
しかし「手続を簡素化する」と言われても、何がどう簡素化されるのかいまいちよく分からない部分もあります。
そこでもっと分かりやすく簡潔に、解説します。
続きを読む

相続の手続には、いろんな書類が必要になります。
どの書類もなくてはならないものですが、中でも重要な書類が戸籍謄本です。
そこで相続の手続における戸籍謄本の役割や、戸籍謄本の種類についても取り上げます。
続きを読む

被相続人から遺言書がのこされていたのなら、遺言書に従うのが大鉄則です。
そのためにも、相続の手続において真っ先に行うべきは遺言書の確認になります。
何が何でも必ず見つけ出さなければいけません。
しかし、遺言書を最初から書いていないことも十分に考えられます。
もし本当に遺言書がない場合は、相続人同士で財産を話し合いの元で分配します。
続きを読む

相続の手続には、いろんな書類が必要になります。
何の書類が必要になるかは手続内容にもよりますが、重要な手続で必要になるのが印鑑証明です。
そこで相続の手続で印鑑証明はどう使われるのか、入手方法についても取り上げます。
続きを読む

仕事の都合で相続の手続に時間が取れない場合、代理人を立てて手続を進めることができます。
代理人としては、信頼できる人物に任せるのが妥当ではあります。
でも代理人であるとはっきり証明するには、物的証拠が必要です。
そこで登場するのが、委任状です。
委任状とは一体どういうものか、書き方についても取り上げます。
続きを読む

相続の手続は、非常に面倒なものです。
最初から元も子もないようなことを述べるようですが、面倒であるのは紛れもない事実です。
そこで専門家に依頼をして手続を進めたい所ですが、例え専門家でも全て賄ってくれるとは限りません。
もし相続手続を専門家に依頼をするのなら、どういう手続を頼みたいのかをハッキリさせる必要があります。
続きを読む